本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  カトリック・ミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)では、日本に住む青年たちを対象として、「海外での体験学習」を開催しています。
異文化の価値観に触れるこの体験学習の様子をどうぞご覧ください。

体験学習の参加者

フィリピンでの体験学習 2009

2009年1月5日~12日

フィリピンでの体験学習を終えて

フィリピンへ着いて驚いたことは、まず人の多さ。それから凄まじい格差社会でした。日本は、日中子どもは学校へ、夜は家にいますが、フィリピンでは昼夜問わず子どもがたくさん外にいて、物乞いをしている子もいました。どでかいショッピングモールと、そこから徒歩数分で行けるスラム街。はなやかな挙式と、孤児院で迎える誕生会。違和感を覚えたのは、私だけではありません。

確かに今にして思えば、私は毎日、無力でかっこわるい自分を知り、失望していました。英語力のない私は、まず人との交流をうまくはかることができませんでした。何より、ひどい貧しさや死が近くにある人、子どもたちを目の前にしても、何ひとつしてあげられない。そればかりか、まだ自分のことばかり考えていました。

それでもこの1週間、私は毎日笑うことができました。なぜなら、想像しがたい、つらい過去があっても、天性の明るさや、まるで初めて会ったとは思えないようなあたたかさが、三日間共に過ごした子どもたちに備わっていたからです。それからもうひとつ理由があります。自身の不甲斐なさにいらいらしていた私は、メンバーに八つ当たりすることもあったのですが、皆はそんな私を助けてくれ、共にいろんなことで笑い合ってくれました。とてもすばらしいメンバーに恵まれたことは、この体験学習をより意味深いものにしてくれました。最終日、皆で遅くまで語った夜のことは忘れません。

日本に帰った今、変わったことといえば、今まで楽しかったことが、楽しくなくなったことです。何を見ても−こう言うと非常に気はずかしいのですが−色褪せて見えます。フィリピンで、生きていくことが仕事、生きているだけで素晴らしいといった、そんな人びとに触れて、私は豊かなのに空っぽのように思えます。そして、いろいろと振り返りながら、私にとって生きるというのは、まだ漠然としていますが、キリスト者として、神さまの愛に応えていくことではと、考えています。

メッセージ

「夢中」

ビアンキン・マリオ

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会