本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  カトリック・ミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)では、日本に住む青年たちを対象として、「海外での体験学習」を開催しています。
異文化の価値観に触れるこの体験学習の様子をどうぞご覧ください。

体験学習の参加者

フィリピンでの体験学習 2009

2009年1月5日~12日

Bulacan孤児院

1月5日(月)~1月12日(月)のフィリピン体験学習に参加して、本当に有意義な時間を過ごすことができたと思います。フィリピンに行く前は治安のことなどいろいろ不安はありましたが、全く問題がなくて良かったです。

7日(水)の午後から10日(土)の昼までBulacanでボランティアをできたことはとても良かったと思います。このような3泊4日程度のボランティアはとてもいいと思うので、来年からの体験学習にもとり入れてほしいと思います。

最初は子ども達とどう接すればいいか分かりませんでしたが、分からなくてもとにかく何かしないといけないという気持ちから、積極的に子ども達とふれ合っていくうちにどんどん仲良くなることができたと思います。言葉が通じず困ることもありましたが、「分からなくてもとにかく何か行動を起こそう!」という精神が身についたことは自分にとって非常に大きいことだと思っています。

お風呂(日本とは違う水風呂)には少し驚きましたがあまり苦痛には感じませんでした。むしろ、孤児院の子ども達が日頃どのような生活を送っているのかということを知るという点では、あのようなお風呂を身をもって体験できたことは非常に良かったと思います。

良かった点、気になった点、反省した点などいろいろなことがありますが、この1週間の滞在は本当に有意義な時間で、とても楽しかったです。フィリピンにいる間に「早く日本に帰国したい」と思ったことは1回もありませんでした。
このフィリピン体験学習は一生の思い出となりました。このような機会を与えて下さったマルコ神父様をはじめミラノ会の神父様には本当に感謝しています。ありがとうございました。


フィリピンでの体験学習を通して

今回フィリピンでの体験学習に参加して本当に多くの経験をさせていただきました。
最初は、大学の講義があったり、試験期が近かったりと、この体験学習への参加にあまり乗り気ではありませんでした。ですが、今となってはこのような状況でも、参加して本当に良かったと言えます。

フィリピンへ渡ってから3日目に孤児院を訪ねて、まず感じたのは子供達の明るさでした。孤児と聞くと日本人は暗いイメージを抱きがちですが、ここでは正反対でした。はしゃいだり、走り回ったりと、大変振りまわされました。そのような様子ですから子供達とすぐうちとけられたかと言われたら、自信を持って答えることはできません。
例えば、子供達とはコミュニケーションはとれないし、ある子供は僕と遊んでいる最中に泣きだしてしまったりしたことがあったからです。そのような事がある度に「自分は来ない方が良かったのだろうか」と思いました。しかし、それでも子供達は僕にまとわりついてきてくれました。時間を重ねて少しずつ子供達とうちとけられたように思います。

一番心に残っていることは、やっぱり折り紙です。子供達に折り紙で「教会」の折り方を教えていたときのことです。折った「教会」に名前を書けるスペースがあったので、「そういえば、子供達の名前をあまり知らないなあ」と思い、そのときに教えていた子どもに名前を書き入れてもらいました。そして他の子供達にも“Please write your name here.”と言って書いてもらっていると、他のフィリピン行きのメンバーから「それ、いいアイディアだね」と言ってもらえたことがすごく嬉しかったです。気がつけば孤児の子供達の間でそれが「流行」になっており、たくさんの「名前入りの教会」が孤児院に溢れていました。

今思えばそのときです。「自分もボランティアができている」と感じたのは。
「良い考えが思い浮かばない」ことと、「人の為に何かしてあげる」こと、この2つをここ数年実行できていなかったのですが、この折り紙教室でこの2つのことを一気に実行できたことが、今回フィリピンでのボランティアの体験学習を通して僕が収穫できたことの中で最も大きかったことです。

この体験学習に参加して、自分の人生で初めての海外渡航がこれほど充実したものになるとは全く思っていなかったので、今すごく驚いています。
このようなすばらしい体験学習のお話を持ちかけて下さったマルコ神父様、寄付をして下さったミラノ会の方々、ロバート神父様をはじめとするMQAP教会の方々、他のフィリピン行きのチームメンバー、そしてお世話になった孤児院の職員や子供達など、期間中に出逢った全ての人々に心から感謝しております。ありがとうございました。

メッセージ

「夢中」

ビアンキン・マリオ

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会