本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  カトリック・ミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)では、日本に住む青年たちを対象として、「海外での体験学習」を開催しています。
異文化の価値観に触れるこの体験学習の様子をどうぞご覧ください。

体験学習の参加者

タイ・バンコクでの体験学習 2010

2010年8月23日~30日

THE LEARNING BY EXPERIENCE IN THAILAND

今回タイでの体験学習に参加させていただいたことで、良い体験をたくさん得ることができました。

今回の体験学習では、いろいろな場所を訪れたことで視野が広がったように感じます。スラム街を訪れ、そこに住んでいる人々の話を聴かせていただいたり、家屋の修理作業をさせていただいたりしました。このように、活動内容が多岐にわたっていたことが今回の体験学習の中で最も良かったことだと、今改めて思います。せっかくタイまで来たのだから、子供たちのいる施設の中だけで過ごすよりも、もっと多くの場所を訪れてみたいという想いがあったからです。スラム街に初めて入ったときはその悪環境さに驚きましたが、そんな環境下でも懸命に生きている人々が大勢いるということを知ることができました。私たちが家屋の修理作業を終えて帰ろうとしたとき、そこのスラム街の人々から感謝されたときは、「やれて良かった」と素直に思えました。大変な仕事ではありましたが、修理が完了したこと以上にそれが嬉しかったですね。「修理が完了したから嬉しい」とか、「キツイ作業が終わったから良かった」とかではなく、純粋に「人のために貢献できた」という達成感がとても気持ちよく感じました。この気持ちを抱けたことが、今回の体験学習での一番の収穫だったように感じます。

私は、子供たちの収容されている施設で彼らと生活を共にしました。どの子も笑顔が本当に絶えない、かわいい子供たちでした。現地のシスターやスタッフからは、心の底から子供たちを大切に想っているということがありありと伝わってきました。普段の食事の準備や子供たちの学校への送迎など、子供たちが元気に生活できるように、全力でサポートされていました。もちろん、子供たちもスタッフの方々の善意にただ甘えているだけではありません。食事の後、子供たちが自分の使用した食器類をきれいに洗い、最後片づけまでしっかりと行っている光景には、とても感心しました。また、子供たちの学校が休みの日や下校の後に、スタッフの方が子供たちと元気に走り回って遊んでいる光景はとても微笑ましいものでしたね。また、私の名前を子供たちが早く覚えてくれ、何度もその名前を呼んでくれたことは本当に嬉しかったですね。「タイ語というわからない言語を発する子供たちを相手に、どのように接してあげればいいのだろう?」と考え込んでいるときに、彼らが私の名前を呼んで近寄ってきてくれるわけですから。子供たちに引っ張ってもらうように、彼らと打ち解けることができたように思います。

最後に、今回の体験学習に参加して本当に良かったです。この体験学習に申し込む前は治安や言葉の問題など、いろいろ不安がありました。しかし、思い切って申し込んで本当に良かった! 申し込んでなかったら、絶対後悔していました。これからこの体験学習に参加しようと思っている人に自信を持ってオススメできるプログラムです。このような素晴らしい体験の機会を与えて下さったフェルッチョ神父様とオスカル神父様、現地で本当に良くさせていただいたラファエル神父様や施設のシスターやスタッフと子供たち、そして今回のタイ行きのチームメンバーなど、出会えた全ての人々に感謝しております。「コーップン・クラップ!!」

メッセージ

「夢中」

ビアンキン・マリオ

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会