本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  日本の皆さまへ、ミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の司祭からのメッセージをご紹介しています。




聖堂内

メッセージ

主のご降誕おめでとうございます。

ビアンキン・マリオ神父

ビアンキン・マリオ

カトリック・ミラノ外国宣教会

マザーテレサはイエス様のご降誕について次のようにおっしゃいました。
「He is the reason for the season. イエスこそがクリスマスの理由です」

マザーテレサのことば通り、クリスマスにはわけがあります。
キリストこそがクリスマスの中心です。クリスマスの本質です。
神の福音の訪れがクリスマスです。

その福音とは何でしょうか?
それは、私たちが神の子供であり、神のいのちのうちに愛と慈しみに生きているという良い知らせです。
ここに私たちの存在の理由があります。
この良い知らせを信じることによって、私たちはいのちのまことの喜びを味わうことができるようになります。

この喜びが皆さんのうえにありますように、お祈りします。

ビアンキン神父

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会