本文へジャンプ
P.I.M.E. Logoカトリック・ミラノ外国宣教会 
Pontificio Istituto Missioni Estere
  日本の皆さまへ、ミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の司祭からのメッセージをご紹介しています。




聖堂内

メッセージ

2016年9月7日 「いのち」を得るために道がある

ビアンキン・マリオ神父

ビアンキン・マリオ

カトリック・ミラノ外国宣教会

「いのち」を得るために道がある

イタリア中部のアマトリーチェ村で起こった地震・・・
今日、幼い姉妹ジュリアとジョルジアの話がニュースで流されました。
地震発生から3日後、ふたりの姉妹が発見され・・・9歳のジュリアが3歳の妹ジョルジアをかばう姿で見つかり、その場で亡くなったが、ジュリアのおかげで妹は生き残って救われた...。

信仰が教えてくれることですが、聖書にも、

神様は「命の神」でおられ、「生かすためにこそ神は万物をお造りになった」
知恵の書1:14

と書かれています。この教えはこの幼い姉妹のできごとも通してその命について教えてくれるのだと思っています。

イエス様のおことばにもあります。

自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、私のために命を失う者はそれを得る
マタイ16:25

イエス様の「ために」とは、つまり先だっていくその愛を信じて・・・という意味。
必ず死に向かっていく私たちの生命(命)ですがその命を救うため。
その道は愛の道、神様がいつも先だって歩んでくださる道でしょう。

イエス様が言われた通り、

私は道・・・
ヨハネ14:6

自然の中にも、私たちの中にも、すでにその道が記されているのです!

私たちみなすでに歩んでいきたいと望んでいる道、ゆるがない希望の上に・・・。
それは愛の道、人を救うために身を捧げて歩む道。
それはみなの心の中に描かれた道です。あなたの心にも私の心にも。

ビアンキン神父

日本管区本部

カトリック・ミラノ外国宣教会
日本管区本部 (P.I.M.E.)

〒206-0021
東京都多摩市
連光寺6-11-6
Tel: 042-371-9844
Fax: 042-371-9624
宣教会へのアクセス

本の紹介

『夜半、日頭 明らかなり』

夜半、日頭 明らかなり

著者:ルイジ ソレッタ
    (ミラノ外国宣教会)
翻訳:横山 俊樹
価格:1,050円
ご購入はこちら→amazon

世界のP.I.M.E.

私たちミラノ外国宣教会(P.I.M.E.)の宣教師は、ローマ本部を中心に、世界各国で活動しています。
日本管区会員
PIME ローマ (本部)
PIME ミラノ
PIME U.S.A.
PIME ブラジル

かけ橋
-諸宗教対話と交流を進める会