本文へジャンプ
かけ橋 ―諸宗教対話と交流を進める会

諸宗教対話担当者養成コース


「かけ橋 ―諸宗教対話と交流を進める会」では、2008年3月に一週間の「宗教対話養成コース」を実施いたしました。ご参加くださった皆様からご好評をいただき、2009年度も引き続き研修会を開催する運びとなりました。

研修内容は、諸宗教対話に関心のある初心者の方に向けたプログラムとなっております。


2009年度 開催概要

期間 2009年3月1日(日)夜~7日(土)昼
会場 真命山 諸宗教対話・霊性交流センター
熊本県玉名群和泉町蜻浦 1391-7
TEL: 0968-85-3100  FAX: 0968-85-3186
対象 諸宗教対話に関心のある初心者
各教区や宣教会・修道会の諸宗教対話に興味をお持ちの方
将来諸宗教対話の分野での活動を希望している方 など


プログラム

日にち 研修内容
3月2日(月) 第1日 「諸宗教対話の神学と実践の基本となる関係の哲学の発祥と進展 ―マルティン・ブーバーからエンマヌエル・レヴィナスまで」
「神道との対話 ―経緯と展望」
神社訪問
3月3日(火) 第2日 諸種教対話についての教会の教えと指針
  • 「教皇パウロ六世『エクレジアム・スアム』の教え」
  • 「第二バチカン公会議の『ノストラ・エターテ』」
  • 「ヨハネ・パウロ二世のアッシジの精神と『救い主の使命(レデンプトーリス・ミッシオ』」
  • 「回勅と『アジアにおける教会』」
「仏教との対話」
天台宗寺院訪問
3月4日(水) 第3日 「諸宗教対話の神学」
「キリスト教と禅の対話」
禅宗寺院訪問と座禅体験
3月5日(木) 第4日 「教皇庁諸宗教対話評議会」の「指針『対話と宣言』」
「浄土真宗との対話」
浄土真宗寺院訪問
3月6日(金) 第5日 「諸宗教対話分野におけるFABCの歩み」
実例研究
  1. 生活の対話 (フォコラレ・Silsilah)
  2. 協力する対話 (WCRP)
  3. 相互認識を深める対話 (PCDI、仏教とカトリックの三つの国際研修会)
  4. 霊性の対話 (DIM-MIDと東西交流)
立正佼成会教会訪問
3月7日(土) 第6日 日本における対話の状況と可能性 ―『手引き』1と2


推薦の言葉

2008年3月に、「かけ橋 ―諸宗教対話と交流を進める会」の主催で、初めて、諸宗教対話の分野で働く方々のための諸宗教対話の研修コースが開催されました。実りある研修となり、初回の成果を踏まえてこのような研修コースを継続して実施していくことになりました。

日本でのカトリック教会の福音宣教においては、諸宗教対話の要素が不可欠だと思います。日本独自の宗教的伝統と風土のなかで、カトリック信仰の宣教と諸宗教対話の関係を基礎から学び、また対話をどのように推進していくか、研修してみてはいかがでしょうか。

日本カトリック司教協議会 諸宗教部門
担当司教 パウロ 大塚 喜直